ビジネスのためのプロフィール写真なら好感度を

ビジネスプロフィール写真の鉄則

ビジネスにおけるプロフィール写真で注意する点は「信頼のおける人柄」を表現することですが、もう一つ忘れてはいけないのが「相談しやすい事」だと考えています。

もし自分自身が何かしら依頼したい事柄がる場合、チェックする項目を考えると以下の様に考えます。
  • 信頼性
    依頼する仕事をちゃんとやって貰えるか
  • 金額
    リーズナブルで納得できる価格設定か
  • 納期
    必要に時期までに余裕を持って間にあうか
  • 頼みやすさ
    ちょっと無理な御願いでも快くやってくれそうか
  • 場所
    何かの時に相談に行けるか

上記の項目でプロフィール写真としてフォローアップできるものは、信頼性と頼みやすさです。

まず信頼性はきちっとした身だしなみ(髪の色、ひげ、ニキビ)、髪型、服、スタジオ撮影、背景(色)、照明効果(適度な明るさと適度なコントラスト)でほとんど表現することが出来ます。

しかし頼みやすさ(好感度)は顔立ちや表情で決まるので、表現するにはそれなりの努力やテクニックが必要となります。それが好感度のあるビジネスプロフィール写真です。

好感度を考えた場合、真摯に取り組む姿勢や人を安心させることの出来る笑顔、雰囲気が大切となります。プロフィール写真をテクニック時に考えた場合、真摯な姿勢はポーズで、安心できる人柄は顔の表情で表現する事となります。

真摯なポーズは背筋を適度に伸ばし、体を少し横に向けて、カメラを見ます。好感度の笑顔はお客さんの事を考え、「お任せください、私がしっかりとサポート致します」を目から滲み出させます。これがウエルカムアドレナリン(造語)です。

ウエルカムアドレナリアンは「私はお客様の事を考えしっかりとサポートさせたいただきます」と思う気持ちが目や顔立ちに現れ、ユーザーを引き付けることが出来ます。

プロフィール写真撮影にはその準備、写真スタジオの選び方など様々な課題があります。そこでここでは好感度を大切にするプロフィール写真の撮り方サイトをご紹介致します。このサイトではビジネスプロフィールを中心にどうすれば好感度の高いプロフィール写真が撮れるかをサンプル写真等を交えて解説しています。また服装や心得も掲載していますので参考にできると思います。