俳優笑顔のオーディション写真

印象に残る笑顔の作り方

笑顔といっても大きく笑ったり、小さく微笑んだり、その種類に限りはありません。オーディション写真や宣材写真においても人の数だけの笑顔が存在します。オーディションに求められる笑顔とは、印象に残る事であり、つまり” 人の心に訴えかける力 ”です。印象的にするのは難しいことではありませんが、それなりのテクニックが存在することは事実です。そこで誰にでも魅力的な笑顔が作れるコツをご紹介します。


印象に残る笑顔は普通に笑うのとは違う

見出しに掲載している写真の笑顔は意思がはっきり伝わり力強い女性であることが分かります。自己主張があり” 印象に残るオーディション写真 ”といえるでしょう。

力強さの要因は” 目力 ”です。それは笑顔でありながら「目をしっかりと開けている」ことで成立します。もし普通に笑ったのなら「目が細くなり口が大きくなる」ので” 口の印象が勝り目の印象は弱く ”なります。

それはちょうど友人と楽しい会話で笑っている時の顔と同じです。これは楽しくは見えますが ” 顔の印象 ” は弱くなり人の記憶には残りません。

印象を強く残す笑顔の作り方

会話での笑顔は楽しさが脳に伝わると、顔に笑うように指示を出します。脳からの指令は目と口に同時に伝わるので「目と口」は同時に動き始めます。筋肉が連動し目が細くなり、口が大きく開きます。この時に意図的に動かす順序を変えればいいのです。第一に口、そして目の順位にします。そうすれば笑顔なのに目の大きいい印象的な笑顔が出来上がります。

これを撮影時に応用すれば”OK”です。

実は笑顔が印象的に見える角度がある

印象の強さと「髪の分け目」には密接な関係があります。掲載写真のように顔をやや(向かって)左に向け分け目側から撮影を行うようにします。そうすれ右向きより明らかに強い印象になります。

筆者はこれを” 表の顔 ”と呼んでいます。表の顔は最も印象の強が見えるアングルであるため、逆アングルならここまで強い印象を残すことは出来なかったでしょう。

まとめ

オーディション写真は ” 印象に残る笑顔 ” である事が大切です。それにはアドバイスした笑顔の作り方と撮影アングルを意識することです。そして面接でも写真の笑顔と同じように笑うことを心がけます。




関連ページ