一気に分かる 男女別 オーディション写真 服装選び

LINEで送る
Pocket

オーディション写真 服装の悩みを解決!

フォトスタジオ運営により膨大なオーディション写真の服装コーディネートが集まりました。

それを元に ” オーディションを強くサポートする服装アドバイス ” をご紹介します。

またピンポイントで参考に出来るように「男女別」に分類しました。
(以下コーディネートを”コーデ”と呼ぶ)

どんな服装にすれば良いのか

オーディション写真の条件は「上半身、全身の写真」とあるだけで服の指定はありません。だからどんな服装で応募しても問題ありません。といっても「セーターとロングスカート」で応募してはいけません。それでは体形が分からず審査の対象にならない可能性があります。

上手にコーデするには 「他人と比較されることを意識しつつ、自分らしさを表現する」ことです。

そして上記を考慮すると2点にポイントを絞ることが出来ます。

  • ” 個性をアピールすること ”
  • ” 審査に対して常識を持ち失礼のないようにすること ” です。
その結果、適切な服装は ” あなたらしいキレイな服装コーデ ” となります。

オーディション写真おすすめ男女別服装コーデ

女性
” トップスは胸元を開けショート丈にコーデする・ボトムスはひざ上のスカートでウエストをすっきりさせる・靴はパンプスハイヒール ”
男性
” トップスの胸元を程よくを開けパンツのバックルを見せるコーデ・ボトムスは細身のパンツ、またパンツ+靴下+靴を同系色にする ”

服の形/デザイン

ここではイラストを用いてどんな服が良くて、どんな服が良くないのかを見て行きます。
クイズ:1番~8番で最も適したオーディション写真の服装はどれでしょうか。(答え:最下部)



トップス選び セルフチェックしよう

襟ぐり・胸元の開け方
襟ぐりが広い利点:小顔効果、美肌効果
  • おすすめは【 3. 4. 7 】
    【 3 】:カジュアルなシャツ(又はブラウス)、胸元の開け具合は良く ” ボーイッシュ ” な仕上がりになります。
    【 4 】:やや厚手のブルオーバー(かぶり)、襟ぐり広さは抜群ですが ” 色が地味で生地に厚みがある ” ことがマイナスポイント。
    【 7 】: 最適コーデ:前ボタンのブラウスで襟ぐりは理想的で色も新鮮、生地も薄目で体のラインが綺麗にでます。柔らかい素材で優しいイメージになります。
  • 【 5. 6 】はインナーを着れば有効
    胸元が空きすぎでセクシー路線に見える可能性があります。中高生以下ならセクシーにはなりにくいですね。
  • 【 6 】のインナーなしは中高生以下で夏撮影で有効
    白いTシャツ又はそれに代わるインナーを着れば露出を防ぎさらに良くなります。
  • 【 8 】は生地に光沢がありセクシー過剰です。セクシーに見せたい場合はOKです。
    ベルベットっぽい光沢があり、露出が高い為にセクシーに見える可能性大。やめた方が無難です。
袖の長さ・デザイン
袖の長さ:春夏秋冬いつでも半そででOK。二の腕が細ければフレンチスリーブ等もOK。ふくよかな場合は長めの半そで、七分袖又は長袖が似合う。
  • おすすめは【 3. 6. 7 】
    【 3 】やや長めの半そでで使いやすい。二の腕が細い、太いに限らず誰にでも似合います。シャツなのでボーイッシュになります。
    【 6 】肩から腕にかけて露出が高いので痩身体形に似合います。セクシーに見えるならインナーを着用すると良いでしょう。
    【 7 】やや長め目の袖丈で使いやすい。
  • 【 1.2. 4 】は程よい長さの長袖です。素材を考慮すれば【 1 】が最適です。【 2 】はサマーセーターなので生地が重く手首あたりが膨らんで見えます。【 4 】は生地が厚手なのでふくよかに見えます。
  • 【 5 】袖が広がっているので腕が不明瞭になります。
  • 【 8 】は生地に光沢がありセクシー過剰です。

色の特色を利用しよう

  • 赤:攻めの姿勢=積極的、情熱的

  • オレンジ:自由で開放的=思いやり、楽しい人

  • ピンク:柔らかい優しい印象=愛らしい、若い

  • 黄色:元気=明るい

  • 緑:穏やか、調和、平和=落ち着き、癒し系

  • 青:誠実、信頼、知性=爽やか、冷静、頭が良い

  • 青紫色:孤独、気品=神秘的、エレガント、高級感

  • 紫色:高貴、優雅、お高い=気取り、謎めく

  • 白:清潔、潔さ、純粋=透明感、染まっていない

  • グレー:憂鬱、不安=地味、調和

  • 黒:暗闇、高級、男性的=都会的、クール

  • 銀:都会的、高級=洗練、冷たい

  • 金:豪華、頂点=高級感、但し金色を使いすぎると低俗

まとめ ” 服装コーデのコツ ” 一気に紹介

ピンク色がNG)
  • 審査されることを意識する
  • 常識あるコーデで綺麗にする
  • 服の季節感=春夏物 薄手の服が有利
  • 服の季節感危険=秋冬物 体形が分からない、太って見える
  • 体に合った服にする
  • 体に合わない服危険=オーバーサイズは太って見える|小さいサイズは顔、頭が大きく見える
  • キレイなイメージ作り=アイロン、靴磨き
  • 不潔危険=しわ、しみ、毛玉、汚れ
  • 同じトーン色で揃えない=痩せて見える



<<有利なコーデのコツ>>
  • 小顔、首長=胸元開ける
  • 小顔=パフスリーブ、フリル
  • 白を意識したコーデ=新鮮に見える
  • 脚長効果 短足改善=靴、靴下、パンツの色を同系色にする
  • 脚太い=足首、膝など細い部位を見せすっきりさせる
  • 脚太危険=ふくらはぎ丈、ミニ丈のボリュームのない服(スカート、パンツ共通)
  • 胴長い=トップスを短くする、ハイウエストを意識、Aラインにする
  • もも太い=スカートにする
  • もも太危険=パンツルックは太さがそのままです、バギーは例外
  • 二の腕太い=4分袖丈以上
  • 二の腕太危険=ノースリーブ、パフスリーブ
  • おおきゃく=ストレートパンツ|女子はミニスカートを諦めずポーズで補正
  • おおきゃく危険=スキニー
  • Tシャツ=くびれ作れないのでNG
  • 靴=ローカット、ハイカットは短足系に
  • 男性|女性共通
    パンツルック・トップスは短くバックルを見せる=脚長、スタイリッシュ、ダブル効果
  • 女性のみ
    トップスをボトムスに入れる=ウエストの細見せ、脚長、ダブル効果



<<上級コーデ=自分の”ちょうどいい”を見つける>>
  • フィットさせる場所とフィットさせない場所でメリハリを出す
  • 個性を出しながら認めて貰うことを両立させる
答え7番

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください