俳優 宣材写真

男性の宣材写真の服装4選

男性の宣材写真を白服で撮影するポイント

顔は適度に影を付け骨格が浮き出るようにします。
男性は女性とは異なりやや強めの影を作り出しはっきりした顔立ちに創り上げます。こうすれば背景が白であっても「のっぺり」することがなくなります。

白い服+白背景の難しさ

白背景で撮影する場合、白い服だと背景と服がブレンドされて境界が分からなくなります。それを防ぐには掲載写真のように背景と服の境界線をしっかり出すライティングテクニックが必要です。

照明を前方から強く当てると白い服は更に白くなり白い背景にブレンドされてしまいます。そこで背景と服のトーンを変えることが必要になります。トーンとは色の濃さと明るさを指します。
たとえば、服の白を多少暗くして、背景の白を明るめにすることでトーンの差異が生まれ、同じ白であっても明るさがことなります。そうすれば服と背景の区切りがはっきりと出すことが可能になります。

それには背景と被写体の照明を別々に行うことになります。つまり被写体に当てる照明、背景に当てる照明、と別々に用意する必要があります。その為には十分なライトの数と十分なスペースの広さを確保する必要があります。それでこそ理想的なオーディション写真や宣材写真の撮影が可能になります。

男性の宣材写真
のっぺりさせない全身撮影

全身撮影でも同様のことがいえますが、更に緻密なライティングが必要です。なぜなら決められたスペースの中で被写体と背景を別々にライティングするにはかなり広いスペースが必要だからです。それを確保するのは現実的ではないので照明で広さを創り上げるテクニックで保管します。

その他の服や背景

俳優 宣材写真
白壁で撮影|小顔効果をプラス

レンガバック
レンガ

まとめ/男性の宣材写真

男女共に白背景+白服の撮影はプロダクションのスタンダードである為いつでも美しく撮れる準備が必要です。それには計算された照明技術と十分なスペースが必要です。
男性は肌の質感を保ちながら印影を強めに作り、女性なら適度な陰影と上質な美肌を表現します。それが理想的な仕上がりに必要です。

男性こそオシャレでなければいけない